{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008659941102   整理番号:68A0145819

固相技術を用いたオキシトシンの合成

Synthesis of oxytocin using the solid phase tech-nique.
著者 (1件):
資料名:
巻: 46  号: 13  ページ: 2318-2320  発行年: 1968年
JST資料番号: B0228A  ISSN: 0008-4042  CODEN: CJCHAG  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: カナダ (CAN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
アミノ基をしゃへいするためにo-識トロフェニルスルフェニルおよびt-ブチルオキシカルボルル保護基を用いたグルタミン酸およびアスパラギン酸にMerrifieldの固相技術を適用してオキシトシンの前駆物質であるノナペプチドZ-(S-Bz1)-Cys-Tyr(Bzl)-Ile-Gln-Asn-(S-Bzl)-Cys-Pro-Leu-GlyNH2を合成。得られたノナペプチドは従来の活性エステル法によって合成されたノナペプチドと同様なホルモンの収率を通常の処理で与えた;参11
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る