{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008668586765   整理番号:68A0107224

宇宙の真空中で使用する無接触のポンプシール法

Noncontact pump-seals for the space vacuum.
著者 (1件):
資料名:
巻: 48  号:ページ: 110-112  発行年: 1967年
JST資料番号: A0512A  CODEN: SPAEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
スナップ8型の宇宙船動力源に用いている方法で,作動液体の漏れ,潤滑液の漏れ,摩擦や粘性による損失を極度に減少させることが重要であるので,この方法が用いられた。基本的な型は,ケース内を円板またはらせんねじが回転する2方式があり,どちらも両側に差圧が生じ,圧力差のある2種の液体をその部分で封ずることができる。この方法は,接触方式やラビリンス式のシールより利点が多いといい,ガスタービン発電機に応用した例が示されている;図2
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る