{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008669078453   整理番号:58A0059702

Phase-Locked Loopの周波数弁別器あるいはTracking filterとして位相固定ループ回路の応用

Application of the Phase-Locked Loop to Telemetry as a Discriminator or Tracking Filter.
著者 (1件):
資料名:
巻: TRC-4  号:ページ: 20-35  発行年: 1958年
JST資料番号: C0238A  CODEN: IRBSA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最適のFM復調動作きせるための研究で,遠隔測定で最も重要な雑音と過渡信号の問題を解決する手段である。設計されたいかなる標準遠隔測定チャネルに適用できる図表および他の一般周波数弁別器と比較した図表を示し更に応用への暗示的提案を今後の研究のために述べている
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る