{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008687482741   整理番号:68A0148326

分離したトマト果実原形体の再生による細胞凝集物の形成

Formation of cell aggregates by regenerating isolated tomato fruit protoplasts.
著者 (2件):
資料名:
巻: 218  号: 5138  ページ: 289  発行年: 1968年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
分離したトマト果実の原形体を特別の培養装麗(図示)中で培養し細胞壁の形成を行なわせながら,原形体を相互に接触させると細胞の凝集塊を形成する。細胞凝集塊の形,大きさは原形体浮遊液の濃度および接触時の圧等によって変化する。細胞壁の形成は原形体中に核の存在が必要で,従って脱核原形体では細胞壁の形成も凝集塊の形成もない。形成された凝集塊中の各細胞の形は一定でなく,また,個々の細胞が再分離することはない;写図2参12
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る