{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008693962372   整理番号:68A0058372

サイクリックき裂成長の遷移的な挙動

Investigation of cyclic crack growth transitional behavior.
著者 (1件):
資料名:
号: 415  ページ: 363-383  発行年: 1967年
JST資料番号: H0511A  CODEN: ASTTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近の疲れき裂伝搬に関するデータに基づいて,き裂先端の引張り→せん断の遷移挙動を検討した。その結果,き裂成長速度の対数を応力強度に対してブロットする解析法が極めて有効であり,せん断リップ発生時におけるき裂の長さが工業的に最も重要な意味をもつことがわかった。引張り→せん断遷移のトポグラフィックな挙動はAl合金,Ti合金および鋼の場合いずれも上記のブロットが直線からずれるということから明瞭に把握できる。なお7075-T6および2024-T3Al合金について実験を行ない詳細な検討を行なった;写図15 表1 参21
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る