{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008709615767   整理番号:68A0076061

特許公報からみた海外の自動工具交換

著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 96-100  発行年: 1968年
JST資料番号: G0206A  ISSN: 0474-9847  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
では現在までに開発されている自動工具交換の原理および国内おる特許につてて解説し,併せて自勤工具交換装置の現状につてのべている。主な項目は工具の備えつけ,工具の識別(工具穴号与式,工具番号万式,キー番号方式),工具の搬送,工具の取,工具のセッティング,国内特許などである;写図9表2参3
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る