{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008720591357   整理番号:60A0053617

不活性気体中融解法によるジルコニウムおよびジルコニウム合金中酸素の定量

Determination of oxygen in zirconium and zircaloy by the inert gas fusion method.
著者 (2件):
資料名:
巻: 32  号: 12  ページ: 1610-1613  発行年: 1960年
JST資料番号: A0395A  ISSN: 0003-2700  CODEN: ANCHAM  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
グラファイトるつぼ中で融解白金の存在で炭素と共に加熱し,酸素を二酸化炭素にして遊離し,これを水酸化ナトリウム溶液に吸収して電導度法により定量,900~3700ppmの酸素が定量できる

前のページに戻る