{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2022年05月
文献
J-GLOBAL ID:201602008731893070   整理番号:58A0059432

AMに対する音声クリッピングの理由と実際

AM Speech Clipping-How and Why.
著者 (3件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 30-34,125  発行年: 1959年 
JST資料番号: B0326A  ISSN: 0007-893X  CODEN: CQCQA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
AM方式で良好な通信を行なうには,適当な帯域編(300~3500c/s)と平均変調度をなるぺく最大変調度に近くすることが望ましい,圧縮器とクリッピングを比較し,ハムにとっては少ない部品簡単瞬時方式などの理由から後者を推し,帯域フィルタの実際とともに回路を示す,10wと120wの二つの変調器についての製作記事も示した
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る