{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008740443761   整理番号:60A0130814

機械製作工業における懸垂運搬装置付き工場建築の標準化に関する二三の問題

Некоторые вопросы типнзации производственных зданий с подвесным транспортом в машиностроительной промышленности.
著者 (1件):
資料名:
巻: 38  号:ページ: 31-33  発行年: 1960年
JST資料番号: R0104A  ISSN: 0033-118X  CODEN: PMSTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
テルハ付きモノレールまたは鎖コンベヤなどの懸垂式運搬装置付き機械組立工場の建築計画を標準計画に基づいて立案すること,建物の長さの一定した工場建築の個々についての標準設計は作成しないこと,標準設計図作成および適用法の根本的改善,柱割り12×24,18×18,18×24mの適用など;図2

前のページに戻る