{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008740485731   整理番号:68A0286157

Amoco Chemical社の油性廃水の処理

Amoco facilities cut organics in waste streams
資料名:
巻: 40  号:ページ: 25-26  発行年: 1968年
JST資料番号: D0300A  CODEN: PCHEA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
イリノイ州のAmoco Chemicalsプラントでは,芳香族の酸,エステルを生産しているが,廃水中の微量の触媒物質の存在により,普通の生物化学的処理が困難であった。しかしペンチスケールの実験から,条件は従来法と異なるが有機物酸化が生物化学的に行えるととが明きらかとなり,100万ドルの廃水処理プラントが建設された。それはCODを85%減少させるよう設計されており,沈殿池,4つのエアレーションそう,洗浄ユニット,スラッジ処理池から成っている;写図3
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る