{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008742484287   整理番号:68A0329411

エストロゲン結合たんぱく

著者 (2件):
資料名:
巻: 44  号:ページ: 643-648  発行年: 1968年
JST資料番号: F0915A  ISSN: 0029-0661  CODEN: NNGZAZ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ウシ卵胞液をpH5.4にすると沈殿物が生じるが血清はpH5.4にしても沈殿物は生じない.またこの5.4Pは17β-エストラジオールとの結合率が大きいことからこの5.4PをDEAE-セルロースカラムクロマトグラフィーを行ない,0.1MTris-HCl緩衝液pH7.0イオン強度0.3μで溶出する画分が,他のイオン強度の画分よりも大きいことからエストロゲン結合たんぱく(EBP)と名付け,このEBPをSephadexG-200を用いて0.05MTris-HCl緩衝液pH7,5でゲルろ過を行なうと17β-エストラジオール,エストロンとの結合率が大きい画分と小さい画分の二つに分離された:参25
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る