{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602008748519112   整理番号:58A0063364

短期および中期予報法の改良に対する-寄与

Ein Beitrag zur Verbesserung der Methoden der kurzund mittelfristigen Wettervorhersage.
著者 (1件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 105-108  発行年: 1958年
JST資料番号: D0070A  ISSN: 0026-1211  CODEN: MERUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
西半球における極の寒気と欧州上の環流とに密接な関係のあることを前報で明らかにしたが,この論文ではそれを更に発展させ,寒気が40%限界値を越えるときは5日後に偏西流が平年値以下となり,更に3~5日後には極小となることを示した
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る