{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008750664154   整理番号:68A0047192

HTGRの冷却ガスに対する露点測定器

Adewp7ointdeviceforHTGRcoolant.
著者 (1件):
資料名:
巻: 15  号:ページ: 41-45  発行年: 1968年
JST資料番号: C0235A  ISSN: 0018-9499  CODEN: IETNAE  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
HTGRにおける1次冷却ガス内への水分の漏れを検出するために.広範囲(0.1~3.000ppm)の光学露点測定器を開発した。装置は.原子炉運転時に高γ線束で接近不可能の場所におかれる。トリップ用と連続モニタ用との種種類の露点計を設計した。前者は応答時間1s以内のもので,鏡面の温度を一定にするものである。後者は鏡面の温度を-87°Fから+128°Fまで連続可変にするもので,応答時間は-87°Fでlmin.27°F以上で1sである。検出部は1.000psi,175°Fまで,正常動作をするように設計されている。また.検出部は6年間.無保守で動作することが期待されている;写図5参6
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る