{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008752772981   整理番号:68A0152490

デシプラミン脳内注射の正常ラットおよびレセルピン処理ラットに対する効果

Effect of desipramine injected intracerebrally in normal or reserpinized rats.
著者 (2件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 293-296  発行年: 1968年
JST資料番号: C0332A  ISSN: 0022-3573  CODEN: JPPMAB  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
あらかじめレセルピンを投与して体温を下げた動物にデシプラミンを与えると体温はただちに上昇しはじめ長時間続く。この作用が起るためには中枢神経系の統合性が必要である。ラットの脳の特定部位にデシプラミンを注入したところ,適度の体温上昇が見られ,この作用はレセルピン前処理をしたものについて一層顕著であり,脳内の各部に診いて一様にみられた;写図1表3参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る