{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008759650199   整理番号:68A0203677

レジャンドルの多項式による線形系インパルス応答の計算

Evaluation of impulse response of linear systems by using Legendre polynomials
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 81-93  発行年: 1968年
JST資料番号: C0973A  ISSN: 0020-7179  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
一般的に多くの適応制御ではインパルス応答,伝達関数あるいは微分方程式や数学的なモデルを計算することによって完全な同定を行なっている。この線形時不変系におけるインパルス応答は,時間軸を等間隔に分割したとき,その応答を分割されたインパルス応答の合計であると表現。その各部分のインパルス応答をルジャンドルの多項式の有限和で近似。この方法における多項式の係数の算出によりインパルス応答の最良の近似が得られ,また入力信号の係数が既知の場合には分割時における出力応答の値が計算される;写図8参5
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る