{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008759656715   整理番号:68A0081840

バリサンラザール駅およびルアン駅の旅客用遠隔操作表示板

Deux installations de telepancartage a usage des voyageurs paris SaintLazare et Rouen.
著者 (2件):
資料名:
巻: 87  号: 78  ページ: 389-396  発行年: 1968年
JST資料番号: D0527A  ISSN: 0035-3183  CODEN: RGCFA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
フランス国鉄の主要駅では,旅行虻出かける人々は.職員から口頭によって.あるいはアナウンスによって.または貼紙や表示板の指示によって情報を受け取ることができるが,間もなく出発する列車忙ついての指示は,ホームや,地下道や.待合室に設けられた表示板で行なわれ.しかも刻々に変わって行くので,適確な指示を行なうために遠隔操作のいろいろのシスフムが検討され.その最も近代化された試作型がパリ・サンラザール駅とルアン駅に設けられた.なかでもパリ・サンラザール駅のものは.電子技術を用い幹線出発.幹線到着および効外線の三つに分かれた総合指示板と.ホームの27線との同時表示を行なうことができる;写15
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る