{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008775809890   整理番号:68A0318916

∧-Σ変換とハイパートリトン

Jj A T conversion and the hypertriton.
著者 (1件):
資料名:
巻: 170  号:ページ: 9156-951  発行年: 1968年
JST資料番号: D0323B  ISSN: 0031-899X  CODEN: PHRVA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Faddeev型の多重散乱公式を用いて,∧3Heの結合エネルギを計算した。仮想的にΣ粒子と∧粒子が変換される効果をY粒子と核子との相互作用の完全な表示に含め,またおのおのの二体の相互作用に対して非局所分離可能なs波入スピン依存力を用いた計算を二組の低エネルギーの∧粒子と核子との散乱変数と二種のY粒子-核子間力に対する対称模型とに対して行なった。∧粒子と核子との変換効果は,Y粒子と核子とのスピン状態をすべて考慮すると3Heの結合エネルギーを減少させる;表4参20

前のページに戻る