{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008807129129   整理番号:68A0257031

オクラホマ州北東部のExce11oけつ岩:潜在礁探知の手がかりとして

Excello shale,northeastern Oklahoma Clue to locatingburiedreefs.
著者 (1件):
資料名:
巻: 52  号:ページ: 295-312  発行年: 1968年
JST資料番号: B0119A  ISSN: 0149-1423  CODEN: AAPGB   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
砂岩と石灰岩のような明りょうな関係が,けつ岩の場合にもあるはずであると考え,Excelloけつ岩の構成相,化学成分の変化を詳細に調べた。本けつ岩の厚さは4~8ft.であるが,その下位にはオクラホマでは厚さ6~8ft。のBreezy Hil1石灰岩があり,カンザスでは薄い石灰岩層をへだててLagondaけつ岩に接する。両相の間は潜在礁である。脇Celoけつ岩はオクラホマでは亜炭質であり,カンザスでは石灰質である。Excelloけつ岩のこのような層相変化は,下位層の変化とよく一致して齢鮫亜亜炭質から石灰質に移化する所は潜在礁の直上である;写図8表2参19
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る