{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008826058283   整理番号:68A0199670

直交フィルタによる相関関数測定の精度

j tJber die erreichbare Genauigkeit bei Korrelationsfunktionsnessungen mittels orthogonaler Filter
著者 (3件):
資料名:
巻: 11  号:ページ: 22-28  発行年: 1968年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
相関関数を求める方法にLampardが開発した直交フィルタ法があるこの論文では,トランジスタ能動回路によって,全域フィルタを構成し,ラーゲル級数で近似する場合に生ずる誤差を論じている。相関関数が指数関数,指数関数的に減少する余弦関数および余弦関数の三通りの場合について誤差を解析した後,実際の測定法にふれた。とくにフィルタ個数が20の場合について,フィルタの時定数の選び方,精度に対する要求を明らかにし,1.5%以内の精度の実験結果を示す;写図16参8
タイトルに関連する用語 (1件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る