{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008829225253   整理番号:68A0115245

オキシ酸とブラセオジムイオンの錯体の吸収ペククトルと円偏光二色性

Absorption spectral and circular dichroic studies of complexes of hydroxy acids with pr11seodymium ion.
著者 (1件):
資料名:
巻:号:ページ: 1183-1191  発行年: 1968年
JST資料番号: C0566A  ISSN: 0020-1669  CODEN: INOCAJ  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
それらの得られるpH範囲に従い,酸,中性ならびにアルカリ性錯体の三種に分けて,グルコン酸,酪駿,ガラクトロン酸などのPr錯体を調べた。得られたスペクトルは中心金属イオンの基底状態と励起状態を明瞭に示ナ。各スペクトル遷移は明らかに円偏光ニ色性を示す。酸性錯体は,a炭素におけるヒドロキシル基の配列により決定される円偏光二色性の徴候を示した。中性錯体はラクトン回転と関連する円偏光二色性を示す;写図9表2参11
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る