{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008833451080   整理番号:58A0055469

普通の断路器の欠点を補った構造の開閉器

Load break and grounding switches fill transmission switchgear void.
著者 (1件):
資料名:
巻: 38  号: 11  ページ: 46-49,96-97  発行年: 1958年
JST資料番号: B0442A  ISSN: 0013-4392  CODEN: ELSOA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
普通の断路器にある程度の電流のしゃ断能力を持たせるのは不適当である。WH社ではこの欠点を補う構造でかつ,100kV以上を対象にした新型の開閉器を考案した。その一つ,V.L.B.型は主開閉器,補助開閉器,SF-6ガスを封入した消弧室をもちしゃ断能力が良い。他の一つのT型は断路器に招弧環つきの抑制抵抗をつけ開閉サージの抑制効果をもたぜている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る