{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008834231652   整理番号:60A0064538

均質化牛乳における酸化臭の抑制およびその脂肪球膜単位表面あたりの銅およびりん脂質濃度との関連

Inhibition of oxidized flavor in homogenized milk as related to the concentration of copper and phospholipids per unit of fat globule surface.
資料名:
巻: 43  号:ページ: 93-94  発行年: 1960年
JST資料番号: C0282A  ISSN: 0022-0302  CODEN: JDSCAE  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
脂肪球膜単位面積あたりのりん脂質および銅-たんぱく質複合物の濃度は均質化の圧につれて減少する.この減少が均質化牛乳中で酸化臭生成がおくれる一つの重要な原因と考えられる

前のページに戻る