{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008847595564   整理番号:60A0093001

屋内開閉器の自動試験装置

Automatic testing jig for domestic switches.
資料名:
巻:号: 10  ページ: 474-476  発行年: 1960年
JST資料番号: D0398A  CODEN: PCAUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ゼネラル エレクトリック社がWltton研究所で屋内すなわち家庭用開閉器の動作試験を自動的に行なう装置をつくった.これは開閉試験.開路のときのタイミングおよび復帰の試験などを行なうもので,開閉器を開閉するのに特殊な当て盤を用いている.当て盤は空気圧で操作されるが.この試験装置の制御回路は冷陰極三極管を用いた論理回路から形成されている.当て盤の構造図,制御回路の概要図を紹介
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る