{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008848878977   整理番号:68A0126933

二三のルテニウム(II)カルボニルおよび-第三ホスフィンまたは-第三アルシン錯体の電子効果

Electronic effects in some rutheniumII-carbonyl and-tertiary phosphine or-tertiary arsine com plexes.
著者 (2件):
資料名:
号:ページ: 741-749  発行年: 1968年
JST資料番号: B0607A  CODEN: JCSIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
RuX2CO)Ls],〔RuXY(CO)L3〕,〔PuX((CO)2L2〕および〔Ru2X3Lsi〔anion〕型(X=Cl,Br,I;Y=H,Cl,Br,1,CH3C0,C2H5CO2,PhCO2;L=PR3,AsR3)の新化合物を報告した。これらの錯体の合成および各種反応を示し,他のルテニウムのアルレシノヒドリド錯体を報告した。各化合物の結合と構造の問題を,赤外スペクトル細よびNMRデータに基づいて考察した;図2表4参21

前のページに戻る