{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008854442170   整理番号:68A0131398

Zea maysの28SリボソームRNAの一時的凝集

Apparent aggregation of 28-S ribosomal RNA of Zea mays.
著者 (3件):
資料名:
巻: 157  号:ページ: 640-643  発行年: 1968年
JST資料番号: B0207A  ISSN: 0005-2728  CODEN: BBBMBS  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
標記RNAをメチル化アルブミン-Kieselguhrカラムにかけると,28SrRNAピーク(ピークII)の後に第3のピークが見られる。このピークを再クロマトグラフィー処理し,しょ糖密度こう配遠心法で調べてみると,28Sとそれより大きなS値を持った二つのピークに分かれた。後者は前者の約2倍である。この操作を逆にすると,ピークIIとピークIIIがあらわれる。このことから,ピークIIIは28S-RNAの二量体であろうと推察。このような二量体への変化は高NaCl濃度条件下でなされ,一度生ずると安定である。また種によって,これが生ずるものと生じないものがある;写図3参5
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る