{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008855586132   整理番号:68A0317890

脱窒作用により土壊から発生するN2ガス中の窒素同位体の分布可能な「窒素形態愛化の研究」への応用

N-isotope distribution in nitrogen gas evolved from soil during denitrification : Possible application to nitrogen transformation studies.
著者 (1件):
資料名:
ページ: 447-456  発行年: 1966年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
記事区分: 原著論文  発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
濃縮された同位体比をもつ,硝酸態窒素の脱窒で生じたN2が既にN2を含む封入気体中に出てくる場合14N14N+15N15N.←→.214N15Nの平衡が右に移動する速度が遅いため14Nと15N原子は無秩序分布をしないことから脱窒中の物質内の14N,15Nの比,元の大気中の14N,15Nの比と大気中のN2ガスに対する発生源別の量比を使って濃度式から仮定なしの発生N2量算式を求めた。土壌中の標識有機体からのN2と他起源からのN2量の標識15N濃度と経過時間による変化を調べる試験にこの結果を応用,有機物のN2プール作用と誘起効果研究の一助とした;表2参7

前のページに戻る