{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008869186102   整理番号:68A0235212

溶接構造物用にチタンの熱強化β-合金を採用すること

Применение термически упрочняемых β-сплавов титана для сварных конструкций.
著者 (1件):
資料名:
巻: 20  号: 11  ページ: 19-22  発行年: 1967年
JST資料番号: R0163A  ISSN: 0005-111X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
BT15型チタンのβ-合金の性質およびその溶接の特性を考察している。活性フラックスの利用を基礎としたチタンの熱強化β-合金の新しい溶接手段を検討した。結論は(1)BT15型チタンの熱強化高合金の溶融溶接においては溶接部メタル中の組織変化の特質およびガラスに対する合金の感度の向上によって示される重大な困難にそうぐうする(2)活性無酸素フラックスの利用を基礎としたこの合金の溶接方法を検討した。新しい技術は溶接構造物製作用にチタンβ-合金を採用する課題を解くことができる;写図4 参10
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る