{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年07月
文献
J-GLOBAL ID:201602008871028476   整理番号:58A0047285

フランス製油工業で用いられる最近の技術

Les recentes techniques utilisees dans l’industrie francaise du raffinage du petrole.
著者 (1件):
資料名:
巻: 135  号: 13  ページ: 285 - 293  発行年: 1958年
JST資料番号: C0061A  ISSN: 0016-6812  CODEN: GECIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
製油工業で使用されている各種の製油技術の一般原則。製油工程を分留,分子の変形,生成物精製に3大別して各々について詳述,とくに第2については熱クラッキング,接触クラッキング,接触リホーミング,およびこれらの比較について基本的なことを分りやすくのべている
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る