{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008872458547   整理番号:68A0311187

ずウスにおけるトリエチルボスフィンオキシド標識化合物の分布と排出

Verteilungs und Ausscheidungsuntersuchungen von markiertem TriSthylphosphinoxyd bei der Maus.
著者 (2件):
資料名:
巻: 17  号: 12  ページ: 1530-1531  発行年: 1967年
JST資料番号: A0462A  ISSN: 0004-4172  CODEN: ARZNA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
や標識TEPOの110mg/100gをマウス腹くう内投与し,10分,30分,1時間。4時間。24時間後に断頭した。血液を喋取し。溶血する。肝臓,じん臓。ひ臓。大たいをとりだし。秤量し。それを灰とする。その結果4時間以内に高い放射活性が血液。肝臓,ひ臓K現われた。その中でもじん臓が一番高い放射活性を示した。この実験と併行して行った大便尿中の放射活性は4時間以内に最も高かったが。他臓器と異り,24時間後までも持続した;写図1参16,-
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る