{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008872728730   整理番号:68A0177628

プラスチック摩耗の法則の研究

Исследование некоторых закономерностей трения пластиков.
著者 (3件):
資料名:
号:ページ: 1078-1081  発行年: 1967年
JST資料番号: R0258A  ISSN: 0025-8865  CODEN: MKPLA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
接触面積は比荷重を増すにしたがい指数的に増大する。20~130°Cの温度関係はガラス化点に近い温度では静弾性率の減小,高温では高弾性と塑性変形の増大で説明した。接触面積は10-3~10cm/nlinでは変化がない。プラスチックーかたい接触面の間では付着結合強度が増すため,すべり速度を増すと摩擦力はやや大きくなる;図4参12
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る