{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008892419300   整理番号:68A0074894

大型ピレット用のわん曲型連続鋳造

Das Stranggiessen von breiten Brammen.
著者 (1件):
資料名:
巻: 87  号: 22  ページ: 1372-1375  発行年: 1967年
JST資料番号: E0131A  ISSN: 0340-4803  CODEN: STEIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: ドイツ (DEU) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ドイツのMannesmann AGで設置した1500~2100mm幅のピレット製造用の連続鋳造装置について説明している。この彎曲型連続鋳造装置の配置や構造の詳細,操業上の数字を図示している。製品の厚さも150~250mm範囲のもので,鋳型の長さは700mm,円弧部の径の変化は5.0~19.6mとなっている。引抜きロールは12ケから成り,各ロール部は水冷方式を採用している。ピレット1個当りの鋳造時間は約97分で,速度として1.7t/minに相当する。操業成績は週7~8000tで,この設備の拡張にMclouthの自動計測方式の併用などが指示されている; 写1 図8 表1 参3
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る