{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008905389180   整理番号:60A0066802

炭素鎖重合体と共重合体 XXV ポリビニルアルコールに対する不飽和酸塩化物の作用

Карбоцепные полимеры и сополимеры.25.Действие хлорангидридов ненасыщеннык кислот на поливиниловый спирт.
著者 (2件):
資料名:
巻:号:ページ: 1010-1012,1010(1)-(2)  発行年: 1960年
JST資料番号: R0216B  ISSN: 0042-9368  CODEN: VMSDA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
PVAを塩化不飽和酸で処理すると最初のPVAと性質の異なる物質が得られる。PVAフィルムを塩化ビニルホスフィニルで処理するとPVAフィルムは可燃性となり,塩化メタクリリルで処理すると引張り強度は増大するが伸展性は低下する

前のページに戻る