{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008907285110   整理番号:62A0089503

炭酸処理した希釈液に貯蔵したウシ精子の生存率と受胎率に及ぼす希釈液組成の影響

Effect of diluent composition on survival and fertility of bovine spermatozoa stored in carbonated diluents.
著者 (2件):
資料名:
巻: 45  号:ページ: 360-367  発行年: 1962年
JST資料番号: C0282A  ISSN: 0022-0302  CODEN: JDSCAE  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
精液希釈液として普及しているIVT液の各成分濃度を変えて精子の生存率などに及ぼす影響を検討.グルコース,卵黄,電炭酸ナトリウム濃度の増加およびカタラーゼの添加は良好な結果を示し,炭酸ガスを圧入した改良液中の精子の5°C,60日間の生存率は47%;図1表4参19

前のページに戻る