{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008941992950   整理番号:68A0110342

流動系における光散乱からの非球形物体の大きさの定量的な特性づけ

Quantitative dimensional characterization of non-spherical objects from their light scattering inI streaming systems.
著者 (2件):
資料名:
巻: 25  号:ページ: 586-587  発行年: 1967年
JST資料番号: C0279A  ISSN: 0021-9797  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: オランダ (NLD) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
流動する系の光散乱から非球形粒子の大きさを決定する新しい方法を棒状のβ-FeOOH結晶の懸濁液に適用した。この結晶の平均の長さを0.25μから1.10μに系統的に変えた。同心円筒型の装置を用い,散乱光強度の流動による増加の割合ΔI/IR(IR:静止時の散乱光強度)を速度こう配に対してプロットした。層流の領域で40%もの散乱光強度の増加が見られ,乱流の始まる領域ではそれ以上の増加が見られた:これは本法が散乱体の形の球対称からのずれに対し著しく鋭敏であることを示す;写図2参4
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る