{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008944652041   整理番号:68A0217274

パルス進行波管

著者 (5件):
資料名:
巻: ED67  号: 51  ページ: 1-16  発行年: 1968年
JST資料番号: S0502A  資料種別: 抄録・索引 (I)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ら線形遅波回路を用い,3GHz帯において,最少ピーク出力1kWおよび3kWのパルス進行波管を開発した。金属-セラミック外囲器で,周期磁界収束のパッケージ形である。この開発途上に生じた問題点の内,主として電子ビーム関係について述べる。周期磁界集束ビームを簡単なビームテスタによって実測し,電流密度均一性を確かめた。また磁界の軸非対称性についても実験的に検討した。回路系については減衰器部分の利得で出力無損失部分での利得の不足を補ない,n=-1モードの空間高調による後進波発振を防いで目標出力を安定に得た;写図15表2参6
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る