{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008953740743   整理番号:68A0260450

化石氷および人骨に含凌れる安定鉛

Stable lead in fossil ice and bones.
著者 (1件):
資料名:
巻: 217  号: 5124  ページ: 152-153  発行年: 1968年
JST資料番号: D0193A  CODEN: NATUA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ポーランドの2,3の氷河から採取した氷中の鉛の濃度は,時代とともに急増し,1960-1965年の平均値(75μg/1)は1861-1866年の平均値(5.0μg/1)の約16倍に達してむり,石炭の燃焼に代表される大工業活動の増大に関連するものと思われる。一方,人骨中の鉛の濃慶は,3世紀の人骨に比較して11世紀以降のものがはるかに高い。レかし。ポーランドの現住民の骨は過去のものよ喝も鉛濃度が低い。このことは,大気圏からの鉛の影響とはことなった原因,むそらくかっての鉛食器の便用に基づくものであろう;写図1表1参14
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る