{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008958532243   整理番号:68A0114697

電解還元法により作られたSOののEPR

EPR-Untersuchungen an elektrolytisch erzeugtem S02.
著者 (2件):
資料名:
巻: 23  号:ページ: 695-702  発行年: 1968年
JST資料番号: B0440A  ISSN: 0013-4376  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
締alshによる半経験的LCAO一MO法を用いて,SO2-ラジカルのg因子を計算し,Δgtheor=(3.9±0.6)×10-3を得た。この値は表記の方法による実測値Δgexp=(3.414±0.003)×10-3と,かなウ良い、一致を示していた。また,Huckel-MOを用いたスビン密度の計算結果も,hfs定数の異方性から求めた値と,良く一致した。Δge,xp=4.6×10-3に溶媒和ラジカル(SO2)xSOのの吸収を観測したが,温度変化の実験を行なうことにより,SO0+KーxSO2+W0(SO2)xS蒙に対して,x=2,W=-6.9kcal/mol,K(0°C)=8.0×10-5moP2/l2なる殖を得ることができた;写図6参36
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る