{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008959760959   整理番号:68A0324753

KClとKBr中の縦および横励起子の光吸収

著者 (1件):
資料名:
巻: 24  号:ページ: 1181  発行年: 1968年
JST資料番号: G0509A  ISSN: 0031-9015  CODEN: JUPSA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 短報  発行国: 日本 (JPN)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
KClとKBr薄膜の励起子エネルギー領域における直線偏光放射の斜入射透過率を室温で測定,KClの垂直入射透過率はΓとX点における横励起子と思われる二つの強い吸収帯を持っており,それぞれの吸収帯は入射角が増加するとその高エネルギー側で幅広くなる.同様の効果がハロゲンニ重項励起子Γ3/2とΓ1/2として知られるKBrの吸収帯において観測された,縦(L)および横(T)励起子スペクトル中の二重項分裂は光学測定とよく一致する:参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る