{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008969637691   整理番号:68A0152530

サリチル酸塩と赤血球代謝

Salicylate and erythrocyte metabolism.
著者 (3件):
資料名:
巻: 33  号:ページ: 206-207  発行年: 1968年
JST資料番号: B0334A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
サリチル酸は全血液またはTyrode-Locke液に懸濁した赤血球の乳酸生成とグルコ一スの利用を高める。サリチル酸の解糖刺激作用は赤血球をTyrode-Locke液に懸濁した場合より鮫ん酸カリウム緩衝液に懸濁した場合の方がわずかに強い。しかし,この作用は非生理的に高いカリウムや参んで解糖作用が高められているため隠されてしまっている。サリチル酸による乳酸生成の上昇にはウワベインはまったく作用しない。このことはサルチル酸による解糖速度の促進がNa+-K+-ATPアーゼによって仲介されているのではないことを示唆;参5
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る