{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008969726660   整理番号:68A0104510

電気機関車ВЛ-60型の修繕回帰の増加法

Пути увеличения межремoнтных прoбегoв элек-трoвoзoв ВЛ60.
著者 (2件):
資料名:
巻: 11  号: 11  ページ: 27-30  発行年: 1967年
JST資料番号: R0304A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 文献レビュー  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電気機関車およびディーゼル機関車の性能を増加し,それを最大限利用する可能性を見付けることは最も重要な課題の一つである。ゴリキー,サルチロポチヌィデポでは定期修繕期間間の走行キロを最大に確保するため,ブラジミル~ゴリキー~パレジィノの1,000kmの区間にてВЛ-60型電気機関車20両にて試験運転を行ない,故障および計画外修理の分布状況,電気機関車の停車時分の変化,走行キロに依存する故障頻度の分布などの検討が行なわれた。この結果にもとづいて,信頼性の増加と保守費の低廉化の対策が提示されている;図4
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る