{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008974662270   整理番号:60A0107496

DDD方式による指名通話の現場実験

Current experiments in person-to-person DDD.
著者 (1件):
資料名:
巻: 38  号:ページ: 299-303  発行年: 1960年
JST資料番号: B0061A  ISSN: 0005-8564  CODEN: BLRCA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: アメリカ合衆国 (USA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
DDD方式の開発にもかかわらず未だに長距離市外呼びにおいては,指名通話,群呼出などの方式が使われ多くの扱者を必要としている.この種の接続にDDD方式を利用し扱者の取り扱いを簡営にする方法について目下研究が進められているが,その一方法を紹介.この方法では発信加入者は全国番号の前に“0”餌をっけてダイヤルし扱い者の出たときに,たとえば相手の氏名をっげる.そして請求された幡定個人が応答すれば扱い者は電鍵を操作しAMA装置に課金開始の信号を送入する.課金事務をすべてAMA方式で処理することは通常のDDDサービスと同様である
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る