{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}2021年12月
文献
J-GLOBAL ID:201602008978821276   整理番号:58A0057998

電気的に焼く炭素れんが製造

Carbon Brick Manufacture.
資料名:
巻:号:ページ: 48  発行年: 1958年
JST資料番号: Z0000A  資料種別: 不明
発行国: その他 (ZZZ) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
炉の内面壁に用いられる炭素れんがは,これまでの方法では約8週間もの製造時間を要したが,それを8分以下に短縮した電気的に焼く新方法の紹介。炭素粒子を液体で固めたものは高い電気抵抗を有するので,これに水圧機で平方インチ当り数トンの圧力をかけ,高い電圧をかけて3,000ないし100,000Aの電流を流すと2,000°Fの温度になる

前のページに戻る