{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602008990401894   整理番号:60A0092671

ゴムソケット

Gummi-Steckvorrichtungen.
資料名:
巻: 15  号: 10  ページ: 425-426  発行年: 1960年
JST資料番号: E0202A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 東ドイツ (DDR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
電化が進むにつれ,ソケット類を使用現場に設置し,誰でも安全に操作できるために.強度の大きなことと,絶縁性が要求される.硬質合成ゴムを絶縁材料と使用することは歴史的には最も古いが,紫外線により老化する欠点を持っている・そこで天然軟質ゴムを50%-60%含有させると老化現象,耐酸・アルカリ性に有効でめることがわかった.また合成ゴムは鉱物油の腐触を防止する作用がある.オニ次大戦後,合成ゴムの発達によリネオプレンのように天然ゴムに劣らないものが生産されるようになり,今日では,適当な実用品としてゴムソケットが用いられる・その製品の二三を紹介
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る