{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009000326695   整理番号:68A0070561

アルミニウム(AA1100)のプラズマ切断面品質基準作成のための実験報告(続き)

著者 (1件):
資料名:
巻:号: 65  ページ: 1-7  発行年: 1968年
JST資料番号: G0417A  ISSN: 0368-5306  CODEN: KEIKA6  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
板厚20mm前後のアミニウム(AAll00材)を対象とし,現用プラメマ切断装置の使用可能な範囲で,各種の実験,研究用に供する目的で,プラズマ切断面の外観的な品質基準を作歳したもので,(1)上縁の溶け,(2)ドラグラインの凹凸によって生ずるあらさ,(3)板厚方向の凹凸,(4)カーフの直角度,(5)スラグのはく離状況,などを測定した結果に基いて行なった;写図28表2

前のページに戻る