{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009001292166   整理番号:68A0335931

水稲栽培条件の許容度 VI 除草剤の効果および水稲の生育におよぼす均平の許容度

著者 (3件):
資料名:
号: 12  ページ: 24-30  発行年: 1967年
JST資料番号: G0601A  ISSN: 0583-094X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
水深と除草剤の効果および水稲の生育との関係から,均平の許容度を明らかにするため実験,深水による雑草抑制効果は大きいが,それは草種によって異なる.また除草剤の効果では,水深によって影響される程度は,薬剤で接触型>移行型.草種ではその除草剤がとくに強い作用力をもっている草種には影響が小さく,作用力の弱い草種には浅水で一層効果が低下する.水稲の生育は,深水で分けつ抑制穂数減が,浅水では雑草害による生育抑制(薬害はない)が起る.以上より,均平の許容度は小さく,雑草面からは処理後数日間水深0にならないこと,また生育面からは水深6~8cmが限度とした:参6
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る