{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009011701536   整理番号:68A0042300

透過探傷法の感度の問題

К ВОПРОСУ О ЧУВСТВИТЕЛЬНОСТИ ТЕНЕВОГО МЕТОДА ДЕФЕКТОСКОПИИ
著者 (1件):
資料名:
号:ページ: 88-89  発行年: 1968年
JST資料番号: R0248A  ISSN: 0130-3082  CODEN: DEFKA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
透過超音波探傷法にかける感度の問題を検討。円板状の欠陥は探触子の軸からずれているほうがよく検出でき,欠陥の形は丸くないほうが発見しやすい。レシーバの寸法をあまり小さくせず,送信探触子の寸法を大にすると感度が上がる;参2
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る