{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009021497953   整理番号:68A0240095

鉄一ニッケルーけい素一炭素鋼のマルアンサイト破壊に及ぼす板の寸法特効および試験温度の影響

Effect of plate size,aging,and test temperature on the fracture of martensite in iron-nickel-silicon-carbon steels.
著者 (1件):
資料名:
巻: 206  号:ページ: 834-839  発行年: 1968年
JST資料番号: C0030A  ISSN: 0008-9850  CODEN: CCSTA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: フランス (FRA) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
Ni一Si-C綱(0.32%C,1.61%Si,24%Ni)のマル穿ソサイト時効をデラトメーターで測定し.時効の影響を試験条件および試験片の熱処理条件を変化させた引張試験よよって検討した。その結果試験温度が同じ範囲であれば時効著しくその速度を減じ真の破壊応力およびマルテソサイトのじん性善よ増加した。しかし試験温度のじん性増大効果は,時効のぜい性効果に比して最低となることが注目される。板の寸法の増加により時効および無時効マル洗ンサイトのいずれでもじん性の減少が起った。また時効マルデンサイトの主な割れの近くに微小き裂が増大した;写図11表1参13
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る