{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009024125038   整理番号:68A0248662

鉄-窒素合金のマルテンサイト変態開始温度

Martensite transformation start temperature in iron-nitrogen alloys.
著者 (1件):
資料名:
巻: 206  号: 10  ページ: 1017-1021  発行年: 1968年
JST資料番号: C0314A  CODEN: JISIA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
0.17%~2.65%のNを含むFe-N合金を用い,そのマルテンサイト変態開始温度を熱分析と電気抵抗測定法で研究した。N濃度とMs温度の関係はFe-C合金のそれと同じ形式に従っている。γ鉄中におけるNの溶解度が高いのでMs温度範囲は大きく,高いN濃度ではNの増加とともにMs温度は急激に減少する。2.65wt%NのFe-N合金のMsは-100°Cである。全濃度においてMs温度はFe-C合金のそれよりも幾分高目である。オーステナイトとマルテンサイトの電気抵抗値を測定した結果,Nが2.35%を超えるとオーステナイトとマルテンサイトの変態に従って抵抗は減少から増加に転ずる;写図7表1参23
タイトルに関連する用語 (4件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る