{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009025408025   整理番号:68A0330423

ネコは2,3のリンドウ科の植物を好む

著者 (1件):
資料名:
巻: 76  号:ページ: 119-123  発行年: 1967年
JST資料番号: F0012A  ISSN: 0044-5118  CODEN: DOZAA   資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ネコの好む植物がマタタビとオニク以外にも,リンドウ科でも,先の植物と似た反応をおこす.そこでリンドウ科の植物14種に対するネコの反応をみた.これらの科の中の植物体の乾燥品に対し,ネコが顕著な反応を示したのは,イワイチョウとミツガシワであった.この他にSwertia属およびGentiana属のものにも反応がみられた.また,一般にこれらの植物の乾留物に対しては植物体の乾燥品よりも強く反応した.よってネコが反応する有効物質には乾燥せられるものの中に含まれると判断される.乾留物は苦味が感ぜられないので,有効物質は苦味質とは異質の成分のようである:参6
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る