{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201602009026733523   整理番号:60A0099450

慣性振動機械の電気駆動運動方程式の図式解法による積分

Графоаналитическое интегрирование уравнений движения электропривода инерциоиной вибромашины.
著者 (1件):
資料名:
巻: 31  号:ページ: 65-67  発行年: 1960年
JST資料番号: R0119A  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 旧ソビエト連邦 (SUN) 
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
最近慣性振動機械の共振通過の問題が論ぜられているが共振を抑えるには電動機と駆動される機械との静力学特性が共振周波帯で交差しないことが必要とされていた.その後の研究では必ずしもこれを必要としない場合が発見された.すなわち機械の質量が大きく負荷共振ピークが電動機で抑えられる場合である.電動機の負荷ピーク共振抑制を調べるためには過渡現象の計笠によらねばならない.本文ではこの場合の時間関数内の瞬間モーメントと瞬間速度の相関関係を明らかにする図式角法による積分法を述べてある
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る